Category Archives: ダイエット

ダイエットに漢方を使う理由「漢方薬の必然性」

長野で漢方薬店を営む、国際中医師の笠原正秀です。近年では「漢方ダイエット」という言葉を耳にする機会が増えてきました。ダイエットに漢方を使う理由を国際中医師免許を持ち東洋医学に精通している私、笠原正秀が皆様にお話しさせて頂きます。

この記事では漢方薬の効能効果とダイエット(減量)との関係性を皆様にシェアさせて頂きます。

 

 

 

1.漢方薬の効果とは

漢方薬とは自然界に存在する「動物・植物・鉱物」から作られた生薬を組み合わせることで複合的な効果を生み出すお薬です。漢方薬独自の効能効果から本来身体が持つ病を治す力である「自然治癒力」を高める為に使われています。

 

人が日々健康でいられるのは自然治癒力のおかげ

人には病気を患っても病気を治すための免疫機能が存在します。して病気を未然に防いだり、病気になっても治癒してくれる機能として「恒常性の維持」別名ホメオスタシスと呼ばれるという機能が働いています。
この機能は免疫(病原菌から身を守る防御機能)と内分泌(生きていくためのホルモン分泌や代謝反応)と自律神経(免疫と内分泌の司令塔)をコントロールし「健康を保つために身体の状態を一定に保つ」トータル的な自然治癒力として日々の健康を守っているのです。

 

 

どうして身体は病にかかってしまうのか

本来ならば恒常性(ホメオスタシス)機能によって病気を発症しにくい仕組になっているのですが、年齢を重ねたり、生活習慣の影響によってこのシステムの調子が悪くなったり、機能が低下することで人は病気になってしまうのです。
恒常性が崩れる一例を上げると、日々のストレスによってホメオスタシスを構成する「自律神経・内分泌・免疫」の自律神経が影響(ダメージ)を受けることで内分泌や免疫にも影響が出てしまい身体の防衛反応が遅れ風邪をひいたり体調を崩すというものです。

 

 

漢方薬の効果は「整え戻す」

日々の健康の要であるホメオスタシス機構の崩れたバランスを立て直し、自然治癒力を取り戻す力が漢方薬にはあります。
もともと自然治癒力の低下は健康の柱である「自律神経・内分泌・免疫」のどこかに負荷がかかり、酷使された結果、全体のバランスが崩れ徐々に他の柱にも影響が出るといった経路をたどります。
そこでバランスの医学と呼ばれる漢方で一番影響を受けている柱を治療しながら全体を立て直すことで健康の要である自然治癒力を正常に戻します。

 

 

 

2.肥満は身体の不調が表に出た症状

健康を維持する恒常性(ホメオスタシス)機構に影響が出ると体調不良や不眠など様々な不調が症状として出てきます。あらゆる不調の中に肥満という内臓脂肪が蓄積されてしまう状態も身体のバランスが崩れた症状なのです。

 

 

歳を取っても太っていない人もいる

歳を取ると太ることは仕方ないとお考えの方は多いと思います。実際に加齢によって避けがたい肥満要因「ホルモン生産・筋肉量」も存在しています。

しかし実際に年老いても太ってない方もおられます。これには健康を維持する機能であるホメオスタシス(恒常性の維持)が深く関与し体脂肪をコントロールしているからです。

健康を維持する機能(恒常性)が正常であれば内臓脂肪量も適正値(BMI標準値)推移を維持するように働きます。

この「BMI標準値=健康的な脂肪量」は飢餓状態などの緊急時に脂肪をエネルギー源として消費でき、なおかつ健康被害を引き起こさない必要最低限の脂肪量なのです。

恒常性に関して「恒常性と肥満」をご参照下さい。

 

 

身体の不調=体内バランス悪化で太る

健康を維持する恒常性に不調をきたすと代謝の要である「内分泌」が正常に働かなくなってしまうことがあります。

内分泌とは身体の代謝や生命維持に必要なホルモン分泌を行う大切な機関で脂肪細胞の代謝コントロールもホメオスタシス機構による内分泌のコントロールによって行われています。

ようするに恒常性が崩れ内分泌機能が正しく働かなくなるにつれて脂肪細胞の適切な量が保てなくなり徐々に太り、肥満になってしまうのです。

この時内臓脂肪が肥大化しますが、内臓脂肪が増えると体中で炎症が起こったり、免疫機能が正常に働かなくなるなどの健康被害を招きます。

 

 

体内バランスを整えないで痩せる場合

体のバランスを放置して「ただ痩せたいという想い」でダイエットを行ってもなかなか痩せない事が多く辛いダイエットになりやすいです。

その理由は身体にあるホメオスタシスが崩れていて正確な代謝反応が起こらないからです。

 

健康のバランスが崩れていると「正しい脂肪燃焼が起こらない・崩れていると身体はエネルギーを蓄えようとする」という2つの問題がありますが、世の中のダイエットはこれらの身体の仕組みに逆らって過酷な食事制限を行い痩せる方法なので「筋力が低下」し「健康も崩れ」やすく、より身体の防衛反応を過剰に反応させるので「リバウンド」しやすいのです。

 

 

 

3.漢方ダイエットの真意

肥満という症状は身体のバランスが崩れた結果、表に出た症状です。つまりダイエットで重要な事は症状を治す為に身体のバランスを立て直すことです。これができるのが漢方薬であり正しい漢方ダイエットの在り方なのです。

 

 

漢方で崩れた健康バランスを立て直す

太る原因となっている健康を維持する機能を漢方で立て直しを行うことで正しい代謝が起こるようになります。

つまりダイエットを行っても正常に身体が反応するので必要以上に食事制限を行わなくても蓄えてしまった脂肪の燃焼が進み、脂肪の適正蓄積量を目標に減量が進むのです。

ダイエットを行うにはまずは太る原因となった崩れた身体のバランスを立て直すことが最優先事項なのです。

 

 

漢方でバランス良好になると正しい代謝が起こる

当店でお客様にご提案させて頂いている「漢方ダイエット」は身体の健康状態を問診により判断し、身体の崩れてしまっている箇所を見出し、漢方を処方します。

そして正しい代謝反応がおこるように漢方療法を続け、痩せる為の脂肪の分解を促すために食生活の見直しを行い、体質改善とダイエットの両立を行います。

その結果、身体の健康を維持する機能が早期に回復し必要以上に蓄えてしまった内臓脂肪を速やかに燃焼しようと働くので痩せるのです。

 

つまり「漢方ダイエット」とは身体のバランスが崩れた結果、太ってしまった身体を減量=正すためにバランスの医学と称される漢方を使うことは必然なのです。

 

 

 

漢方は正しく使わなくては正しい効果が発揮されません。身体を立て直す漢方ダイエットが気になる方はお気軽にご相談ください。

笠原清心堂漢方ダイエットページはこちら

 

健康のバランスが崩れて現れた症状が肥満です

長野で漢方を使い漢方ダイエットを提案している笠原清心堂です。年を取ると太ってしまうと考えている方が多いですが、実際には太っていない方もおられます。それは健康を維持する恒常性「自律神経・内分泌・免疫」のバランスが取れていると健康を保つために脂肪も適正量に保たれるからなのです。しかし身体のバランス(恒常性)が崩れることで脂肪はどんどん増えてしまうのでダイエットを行うなら健康のバランスを整える必要があるということです。

 

 

 

 

1.恒常性「ホメオスタシス」とは

日頃私たちが健康に暮らせるのは「恒常性の維持」という機能によって身体の状態を一定に保たれているからです。この一定に状態を保つというのは「体温・血流・心拍・呼吸」など、全ての生命維持に必要な機能をベストな状態に保つということです。

 

 

日々の健康維持の要

日々の健康が維持されているのは恒常性(ホメオスタシス)が体内の状態を管理し、調整してくれているからです。

恒常性は身体中のありとあらゆる機能をコントロールすることで日々の健康は成し遂げられています。

つまり恒常性は健康を保つための仕組みなので、ある意味当たり前のように機能しているのです。

 

 

恒常性を構築する機能

恒常性は「自律神経・内分泌・免疫」という機能によって構築されており、これらの機関が連携しバランスを取ることで健康は保たれます。

 

・自律神経系
身体のバランスを整えるための指令を伝達するのが自律神経系と言われるもので。自律神経が指令を伝達(神経伝達)することで内分泌と免疫が機能します。

・内分泌系
自律神経からの指令を受けてホルモン分泌を行うのが内分泌です。ダイエットで最も重要になるのが、この内分泌で日々の代謝は内分泌器官が正常であればこそ起こる科学反応なのです。

・免疫系
自律神経からの指令を元に免疫(体を守る)機能を立ち上げるのが免疫系です。私たちの体は常に免疫が働いてくれているので日常生活に潜む病原菌やウイルスから守られているのです。

 

 

 

2.恒常性の崩壊=体内バランス悪化

身体の不調の主な原因は恒常性のバランスが崩れることで起こります。例えば正しい代謝が起こらない、正しく免疫が働かないなどは正に恒常性にトラブルを抱えています。つまり恒常性に支障きたすと健康が徐々に崩れていってしまうということです。

 

 

恒常性不調による身体の不調

ホメオスタシスのバランスが崩れ、働きが疎かになると代謝を調整する内分泌機能や体を守る免疫が正しく機能しなくなります。

その結果、自覚がなくても慢性的な疲労や炎症が身体の中で起こり始めるのです。

そして炎症や疲労が進み健康状態が良好ではないと身体が判断すると少しでも身体を守るために身体はセーフモードに入ります。

 

 

肥満は不調が表に出た症状

恒常性の不調により健康に支障をきたすと身体を守るセーフモードに入ってしまいます。

この守りの状態は「エネルギー消費の低下」と「エネルギーの蓄積」を行い身体にエネルギーを溜め込むというものです。

これが「肥満」という症状として現れ「エネルギー消費の削減=代謝低下」+「エネルギーの蓄積=食欲の増加」と太りやすい体質を創り出してしまうので非常に太りやすくなってしまいます。

 

 

恒常性の支障が肥満と生活習慣病に繋がる

恒常性のバランス崩れから始まることで身体のセーフティー機能が働き、燃えにくく蓄えやすい肥満体質が作られます。

こうなるとどんどん太ってしまうのは目に見えていますよね。そして内臓脂肪が増加することで内臓脂肪から身体に良くないホルモンが分泌され、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病につながってしまうのです。

 

 

3.恒常性を立て直すことで正しい代謝が起こる

身体の代謝バランスが崩れた状態でダイエットを行ってもなかなか痩せにくいのが現状です。痩せ難い身体を力技で痩せさせるのが世の中に存在するダイエットです。笠原清心堂では身体のバランスを無視せず見直すことで正しい代謝を起こし減量をサポートします。

 

 

減量しても痩せない理由

太る大きな原因は「身体のバランスが崩れ→エネルギー消費を抑え→蓄えることに専念」している状態なのです。

そんな「痩せにくく太りやすい」状態でダイエットを行っても簡単には痩せることができません。

だから世の中にある「ライザップ」などのプロによるダイエット指導は、悪い代謝状態で痩せる必要があるので非常に過酷なのです。

 

 

正しく代謝できる身体を作る=ダイエット

痩せない身体にムチを打って力技で痩せるのではなく、正しく健康的なダイエットの順序として「①身体のバランスを立て直す」「②節度あるダイエットを行う」という順番を守る必要があります。

つまり体を立て直すことが正確な代謝を起こすことに繋がるので、正確なダイエットに身体が反応するので痩せやすくなるというのが正しい減量です。

 

 

4.バランスを立て直す=漢方と東洋医学

バランスが崩れて現れた病にアプローチしてきたのが現在の日本に多くする病院で行われている西洋医学です。そして病の根本を深く考え病の元となる身体のバランスを立て直し根本治療を行なってきたのが漢方を有する東洋医学です。

 

 

漢方薬はバランスの医学

漢方とは自然の生薬を複数組み合わせて作られた自然由来のお薬です。

複数の生薬を配合することで単一方向の働きだけなく様々な効能効果を発揮するのが漢方薬の特徴です。

つまり複数の生薬がバランスよく効果を発揮することで、配合された生薬がお互いの邪魔をせず、効果を発揮することで単一的に効果を発揮する西洋のお薬よりもバランスを取り根本的な原因を治すことに向いています。

 

 

崩れた機能を漢方で立て直す

漢方薬に含まれる複数の生薬によって複数の効果を有しますが、もちろん主として効果を発揮するポイントがあります。

ここが漢方薬の面白くも素晴らしい特徴なのです。

例えば自律神経系に効果を発揮する漢方薬には自律神経と繋がりがある内分泌や免疫系に橋渡しをしてくれるような生薬も含まれています。

つまり治療したいメインのポイントに合った漢方薬にはそのセクションと繋がりがあるセクションとの橋渡しや調和も考えられて作られているのでより健康のバランスを整えやすいのです。

 

 

漢方薬と生活週間の両立

健康のバランスを立て直し正常な代謝を導くために漢方薬を服用したとしても、生活週間に改善が見られないと身体そのものに負担がかかります。

これでは本来の漢方の効能効果を発揮できない可能性があります。

生活習慣のポイントとなるのは「睡眠・ストレス・食事」となり、睡眠は眠ることでホルモン分泌を促し、ストレスを低減することで炎症成分の分泌を抑え、3食食事を摂ることで栄養不足による身体の衰弱を防ぐ必要があります。

 

 

5.健康と代謝を正し痩せるのが漢方ダイエット

長野の笠原清心堂では正しくダイエットするために漢方で身体のマイナス要素を取り除くことと、生活習慣の見直しを同時に行います。身体のマイナス要素は2つあり、1つ目の「健康のバランス」には漢方を、2つ目の「年齢的な減量ハンデ」には年齢を独自の方法でサポートし、トータル的に代謝を適正化することで痩せやすい漢方ダイエットを実現しています。

 

 

正しい漢方ダイエットとは

笠原清心堂では漢方を使うことで太る原因である崩れた体内バランスを立て直し「正しく代謝反応する身体」を取り戻します。

そして更に年齢的に代謝が不利となってしまうポイントにはサプリメントを用いて加齢によるネガティブな部分をサポートします。

まれに漢方薬だけでダイエットしたいという方がおられますが、漢方には漢方の特異なこと、サプリメントにはサプリメントの良さがあり、より良い効果を引き出すには適材適所での仕様がベストなのです。

つまり崩れたバランスの修正と加齢によって低下してしまう代謝のサポートの両立が長野の笠原清心堂がお客様に提案している「漢方ダイエット」なのです。

 

 

正しく痩せるための笠原清心堂

笠原清心堂ではお客様一人一人に丁寧にお話を伺い「心の状態・身体の状態・生活環境」などを教えていただくことと、漢方で最高峰の資格「国際中医師」を持つ私による分析にて、お客様の状態を正確に把握しています。

その分析の上でお客様に合わせた漢方や減量方法をご提案させていただき、お客様にとってベストなダイエットになるように生活指導も含めて全力でサポートさせていただきます。

 

興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

 

ダイエット

ダイエットをしてる時には痩せたけどやめたら太ってしまいました。という方がいらっしゃると思います。それがリバウンドということです。ダイエット中の食事の取り方とダイエットの食事の取り方が違い過ぎる(元のように多く食べてしまう。)とまた戻ってしまうのは必然的なのです。だから当店では痩せた後で普通の食事に戻してからもしばらく通っていただいて、増えたら戻す方法を使ってコントロール能力を身につけて頂きます。リバウンドしないのではなくリバウンドさせないダイエットなのです。

ダイエット

 9月の終わりごろからはじめて、10月7日で3.3kg減と好調な滑り出しの28歳
若いからか代謝がいい。今まで痩せたという経験が無く一度やせてみたい。
1ヵ月やってみないとわからないが、生理の前後が一番の難関だ。
生理前に食欲が出て整理中はむくみがあるから、そこだけクリアできれば大丈夫だから2ヶ月で8kgはいってほしい。
 女性としては一番女性ホルモンが充実し美しさのピークだから楽しみです。

デブ菌を減らしヤセ菌を増やすことで痩せる腸内環境「腸内フローラ」は作られる

ダイエット腸内環境には切っても切れない因果関係があります。事実として太りやすい腸内環境と痩せやすい腸内環境が存在していますし、太っている人の腸内環境には悪玉菌が多く、痩せている人の腸内には善玉菌が多いのです。この善玉菌が豊富な状態を腸内フローラ(花畑)が形成されていると言います。

この記事では腸内環境に関する「良いこと・悪いこと・改善方法」をご説明させて頂きます。

 

 

1.痩せやすい腸内環境とは

痩せやすい腸内環境とは善玉菌が豊富に存在している状態のことを言います。善玉菌が豊富だと腸内環境が整備されているので便通も良く、余計な物も吸収されないので痩せやすいのです。

 

 

善玉菌が多い=便通が良い

善玉菌が多いと腸内の環境がアルカリ性に保たれるので悪玉菌が繁殖せず、正しい排便運動が起きます。
正しく腸が働いてくれるので便秘になりにくく悪性物質を豊富に含むガスも溜まらないため、ガスの悪性物質が吸収されず身体での炎症も抑えてくれます。

 

 

善玉菌と悪玉菌についてさらに詳しく知りたい方は下の記事をご参照ください。

痩せる善玉気・太る悪玉菌

 

 

 

2.腸内環境を悪化させる原因

善玉菌が豊富な良い腸内環境であっても、腸内環境にとって良くないことを行えば善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまいます。腸内環境に大きな影響を与えるのが日ごろの食習慣なのです。

 

食生活の欧米化

現代の日本は欧米文化の到来や貿易によって飛躍的に経済が発展してきました。
そして食文化に関して日本食の割合が減り、身近な外食も洋食店が増え欧米の食文化は当たり前となっています。
この食生活の欧米化によって本来の日本食には少なかった動物性の脂質の摂取が多くなり、悪玉菌が発生しやすい腸内環境になってしまうのです。

 

 

食物繊維の不足

食の欧米化による腸内の悪影響は脂質が豊富な高脂肪食だけではありません。
食の欧米化によって日本食では豊富に食べられていた野菜類の摂取が減ることで以前に比べ食物繊維が不足気味なのです。
なぜ食物繊維が必要かというと、食物繊維は善玉菌の食べ物になるからです。

 

 

3.痩せやすい腸内環境に改善する方法

痩せやすい腸内環境を作る方法は、悪玉菌を増やしてしまう行為をやめることと、善玉菌を増やすために有利なことを実践するのみです。悪を減らし善を増やすといういたって単純な方法ですが効果は高いのです。

 

 

食生活の見直し

まずは、高脂肪食が優勢な今の食事内容を見直し、なるべく動物性のオメガ6という脂肪を抑え青魚のオメガ3という脂肪を摂るようにしましょう。
このような食生活が可能なのは魚食メインの日本食で、一汁三菜という言葉があるように低脂質で食物繊維も取れるので日本食は善玉菌を増やすには優れた食事方法だと言えます。

 

 

便秘の改善

食生活の影響による便秘も食生活の見直しよって改善は可能ですが、現在すでに便秘の方やダイエットを行い一時的に便秘になってしまった方は改善を急ぐと良いと思います。
と言いますのも現在便が滞留している以上、常に悪性ガスが発生し腸内環境の改善は難しいので、便通に良い漢方や生活習慣を身に着け早急に便秘を改善していただきたいのです。
当店にご来店いただいた際には便通を自然に速やかに解決するサポートをさせていただきますので是非ご来店下さい。

 

 

善玉菌の育成

悪玉菌が増えやすい環境を整備し善玉菌に有利な腸内環境が整えば、あとは善玉菌を増やすのみです。善玉菌を増やすには、まず善玉菌を腸内に迎え入れてから、育成するという方法が最善です。善玉菌を入れるには納豆やヨーグルトなどの発酵食品を食べることが一番簡単な方法で、そこから善玉菌を育てるには食物繊維をしっかりと摂ることです。
善玉菌にも様々な種類があることから減量効果が高い菌も当然いますので、興味のある方はお気軽にご相談下さい。

 

 

以上でデブ菌・ヤセ菌が作る腸内環境のお話を終えさせていただきます。ダイエットと腸内環境は切っても切れない重要なポイントの一つです。

当店のダイエットは腸内環境もしっかりと見直しトータル的に代謝をサポートし健康的に痩せていただけるようにご提案させて頂きます。

笠原清心堂のダイエットが気になる方はお気軽にご相談ください。