Category Archives: 不妊・妊活相談

葉酸について

新年明けまして、おめでとうございます。

葉酸はビタミンMで胎児のビタミン。葉酸はアミノ酸の代謝やDNAの合成、細胞分裂に不可欠なビタミンです。緑黄色野菜、特に光合成を活発に行っている葉っぱの部分に多く含まれていています。

葉酸の必要量  成人男女 200μg(マイクログラム)

妊娠中  400μg

ほうれん草 (60g)66μg  ブロッコリー 60g 72μg  春菊(60g)60μg アスパラガス3本(60g) 108μg  にら100g77μg  バイオリンク45粒で180μg

これらを目安に毎日の食材を考えて頂くようにしてほしいです。

葉酸が育む胎児の神経と脳!

働きその1  神経と脳を育てる

葉酸は水溶性ビタミンで毎日適量摂取する必要があります。葉酸は胎児の成長に必要不可欠な栄養素、胎児の細胞分化と発達を正常に促すために働きます。受精卵が急速に胎児に発育する妊娠3~4週目は神経や脳に異常を生じる恐れがあります。妊娠中や妊娠予定の女性だけでなく、妊娠する可能性のある女性は葉酸を意識的に摂取することが大切です。アメリカでは若い女性に葉酸摂取が推奨されています。そのため胎児神経障害の発生は、この10年間で約10分の1に減少しました。日本では葉酸摂取の重要性が理解されていないため、その発生率は増加しています。

働きその2  健康な血液を作る

葉酸とビタミンB12は造血に欠かせないビタミンです。ですから鉄分だけでなくこれらのビタミンも積極的に毎日摂取する必要があります。胎児はお母さんの血液から酸素と栄養分をたっぷりもらうことで正常に発育していきます。お母さんの良い血液が胎児を育てます。お母さんの良い血液が胎児を育てます。良くない血液では胎児が息苦しがっているのです。

 

 

妊娠して無事出産しました。

以前は松本の方の漢方のお店に通っていたのですが、友人にすすめられて笠原清心堂にやってきたという。31歳

多嚢胞性卵巣症候群のせいか妊娠するのにも時間がかかりしかも、流産も何回か繰り返していてのご相談でした。

多嚢胞性卵巣症候群の場合インスリンの関与かホルモンの状態が悪いかですけれど太っているわけではないので、とりあえず糖鎖を入れて様子を見ることにしました。

10代の頃から生理周期が長く生理を起こさせる薬を使っての治療も何回かしていたということで、もともと「先天の精」が不足の状態と判断して精を補うロクジョウに変えてみました。するとジグザクだった基礎体温がまともになりだして病院でのホルモン剤の投与がなくなったのです。

しかし今ひとつ安定しないことが続いたため、眠りが浅いことに着目して精神の安定する漢方の麝香(ジャコウ)を一月使ってみました。そうしたら割とよく眠れるようになってきたのです。すると基礎体温もより安定するようになってきてすこし期待が持てるようになってきた様子でした。

結局当店に来店してから4ヶ月で妊娠されました。

そのあとも何回か流産の危険性のため入退院を繰り返されましたがロクジョウとバイオリンク(栄養素)を入れて無事出産されました。

当店のロクジョウの成分量が他社品に比べて3倍~5倍入っているので、力があることとからだを支える土台作りの栄養素がいいとからだがしっかりしたということ!それに何よりも病院が良かったこと!!だと思います。長いこと頑張った甲斐があって赤ちゃんが授かったこと本当に良かったと思います。いのちを産み出すということは大変なことだといつも思っています。

いろいろと細かいことはブログに書けないこともありますが、当店にお越しのお客様は順調に行かなかったという方が多いのです。

 

妊娠力を活発にする鹿茸(ロクジョウ)

妊娠力を活発にする鹿茸(ロクジョウ)

 漢方の書物『本草綱目』の中で鹿茸(鹿の幼角)は、「生命力を増し、骨髄や血の元となり、骨を堅く丈夫にし、元気をつけ、筋肉を強くし、体力の消耗によるあらゆる病、難聴、めまい、下痢や腸の疾病を治す。」という働きがあると記されています。

 更に最近では内分泌系(ホルモン系)に働きかける作用が報告されており、男女を問わず生殖機能を良くするために使われています。また腎の働きを助け尿の排泄をスムーズに促す働きもあります。滋養強壮作用もあるため疲労回復等にも効果があり、免疫機能の低下を抑制する作用があるとされ貴重な生薬であると言えます。当店ではこの鹿茸を配合した漢方薬を症状に合わせてご提案しています。

 毎日少しずつでも鹿茸を服用することで、老化を遅らせ、胃腸虚弱、血色不良や冷えにも効果を発揮し妊娠力に貢献できると考えています。

 

不妊原因の約半数は男性が持つ「男性不妊」

晩婚化が進む現在の日本は「不妊」という大きな問題を抱えています。不妊原因の多くは女性によるものと考えられてきました。しかし実際には約半数は男性に原因がある「男性不妊」ということがわかりました、現代の不妊を解決するには男性不妊の改善も必須事項である、夫婦一丸となって妊活に励むことが大切です。

 

 

1.男性が持つ不妊原因

不妊原因の多くは女性に原因があると思われていました。しかしWHO(世界保健機構)の調査によると不妊原因の約半数には男性に原因があることがわかりました。

 

男性不妊の種類

男性が持つ大きな不妊原因には「精路通過障害:精子がうまく通れない」「造精機能障害:精子がうまく造れない」「男性機能障害:男性としても役目を果たせない」の3つがあります。

そしてこれらの男性不妊がもたらす不妊原因は、全体の半数にも及ぶと言われています。

つまり、不妊原因の半分は男性の責任となりますので、妊活でお悩みの場合は男女共に原因を調べるべきです。

 

 

 

2.造精機能障害

男性不妊の中には精子をうまく造れない方や精子そのものに元気がない方がおられます。精子を造る器官そのものに問題がある場合や物理的な閉塞で精子が出てこれない場合もあります。

 

無精子症

無精子症には精巣からの精管が詰まり精子を放出できない閉塞性無精子と精巣そのものに精子を作り出す機能が低下している非閉塞性無精子症の2つがあります。

精巣で精子を作り出せない原因としては先天性「染色体異常・遺伝子異常・原因不明」のものや後天性「抗がん剤治療・放射線治療・精巣炎・高熱」による原因がほとんどです。

 

 

乏精子症

精液検査の結果、精子の数が1ml中1500を下回る状態を刺します。検査では数だけでなく、精子の運動率や様々な挙動「直進率・高速性」なども含め総合的に判断し、診断します。

一般的に自然妊娠を果たすには1ml中に4000以上の精子数が望ましく、精子が少ない原因としては精索静脈瘤や精巣の働きが悪い造精機能障害などが多く、原因がわからないことも多いです。

 

 

精子無力症

精液検査の結果、前進する精子の割合が40パーセントを下回ると「精子無力症」と診断されます。

一般的には乏精子症と重なることも多く、何らかの原因で良い質の精が作られないことが原因となります。原因の種類には先天的なものや精巣、前立腺の炎症なども含まれています。

 

 

 

3.精路通過障害

男性不妊の中で割合が多いものに「精路通過障害」があります。精路通過障害にも種類がありますが、物理的に精子が通れない(精液に精子が含まれない)状態のことを言います。

 

精子を作る精巣から精巣上体、精管を通過して射精されます。

この通り道(精管)が炎症などの何らかの原因で詰まってしまい精子が出てこない状態を指します。

一見精子がないので無精子症や乏精子症と同じ結果を招きますが、精路通過障害の場合は治療後に精子数が回復することが多く自然妊娠の可能性も出てきます。

 

 

 

4.男性機能障害

男性不妊には受精に関する精子に問題がなくても、性行為に問題が生じる場合があります。それが「男性機能障害」と呼ばれるもので、EDや射精障害などがあります。

 

勃起障害

夫婦で自然妊娠を望む場合、男性側に勃起障害があると自然妊娠が難しくなります。

勃起障害の原因は「清心的な問題・夫婦の関係性・血流の問題」の3つがあります。改善で効果的なことは気持ちを入れ替えるため、雰囲気を変えると効果的です。

 

 

射精障害

自然妊娠を望む夫婦で意外に多い不妊原因が射精障害です。夫婦で子作りを行なっても射精できなければ受精することができません。

主な原因は「自傷行為・精神的」によって正常な射精ができなくなってしまう方が多いです。

自傷行為が原因の場合、一番の改善方法は自粛することです。精神的な問題では、相手「プレッシャー・焦り」を与えないように配慮しましょう。

 

 

 

5.漢方で改善できる男性不妊

改善ができる男性不妊は物理的な閉塞による精路通過障害ぐらいしかありません。しかし漢方や食事、生活習慣を見直すことで精子の運動率や生産性の改善が見込めます。

 

漢方が得意な男性不妊

漢方薬局で改善が見込める男性不妊原因は「造精機能障害・男性機能障害」です。

造精機能障害に関しては体内バランスを見直すことで良い方向へ改善されることが多く、男性機能障害に対しては血流や精神のケアによって改善が見込めます。

 

当店では夫婦揃って不妊相談に来られるお客様が多くおられます。

不妊のお悩みはナイーブな一面を多く持ちますので、心のケアも必要となります。

妊活でお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

女性のからだの移り変わり

女性は、7の倍数で大きな節目をむかえていきます。

7歳で歯が生え変わり髪が伸びる

14歳で初潮を迎える

21歳で女性としてからだが成熟期を迎える

28歳で女性としてからだが最も成熟する

35歳女性機能の変化が始まる

42歳でシワや髪に白いものが混じり始める

49歳で肉体的に衰え始め閉経を迎える

中医学では、女性の体の一生は7の倍数で変化し35歳は生殖能力が衰え始める歳とされています。西洋医学でもマルコウ〔〕出産で表され、高齢の始まりの年齢です。実際35歳から自然妊娠の確立は低下し始めます。

 

 

1 / 712345...最後 »