Category Archives: 勇気がでるブログ

ダイエットしたら便秘になりました

 ダイエットしたら便秘になりました。という方が来ました。ダイエットのサプリにも食物繊維は、豊富に入っていますが
腸内細菌が弱いかもしれません。
 
 基本はお味噌汁を食べるとずいぶん違います。はじめのうちは便秘薬を使いますがそのうちに便秘薬がいらなくなります。

お味噌汁の効果はすごいということです。糖質炭水化物抜きでダイエットされている方もお味噌汁がいいのです。

ダイエットリバウンド

ダイエットをして痩せました♪卒業しました♪ネックになるのは、
リバウンド。どうやってリバウンドを防ぐのか…?…それは人に
よっても違いますがほとんどの皆さまにやっていただくことは、
毎日測ることです♪少しでも増えてしまったら次の食事で調節する
という行為をしていただかないとどうしても増えてしまいます。
痩せホルモンが出ていると調節しやすいので…リバウンドが
しづらいのですが…測ってないとそのキャパを越えてしまいます。
朝夜だけでよいので測っててほしいです♪そして一ヶ月に1度
来店して体重を測っていただくことによってテンションが続くのです♪

生命誕生の瞬間にも重要な役割を果たす「糖鎖」

糖鎖は、核酸(DNA・RNA)、タンパク質に続く第3の生命鎖ともいわれ、タンパク質や脂質と結びつき、糖タンパク質や糖脂質となって生物の細胞表面に存在しています。そして、タンパク質の安定化、活性化、輸送先の制御のほか、細胞間のコミュニケーションをとるためのアンテナの役割を果たしています。すなわち糖鎖は、すべての細胞表面を産毛のように覆っていて、細胞間の認識や相互作用に関わる働きをして、ヒトの細胞60兆個の社会をコントロールしているのです。
この糖鎖に異常が生じると細胞社会は混乱し、例えばウィルスや細菌などが体に侵入しても、免疫細胞がそれを識別できなかったり、戦闘態勢にならなかったりと、スムーズな対応ができず、病気を悪化させてしまいます。

人間の卵子は、人間の精子しか受け付けません。
それは卵子の表面の糖鎖が、同一種かどうかを認識しているからなのです。卵黄には卵黄膜があり、受精はこの膜を通して、お互いの糖鎖が認識し合って行われるのです。つまり、お互いに正常な糖鎖なら、遺伝子情報も瞬時に読み取って受精するわけです。しかし、糖鎖に異常があると正しく認識できず、受精は行われません。ですから、糖鎖は、妊娠のための重要器官ともいえるのです。
糖鎖栄養素が不足してしまった場合、女性は卵子の受精能力が低下し、男性の場合は精子が奇形になることもわかっています。
高齢になると、卵巣機能不全により卵子の状態が変化しますが、糖鎖の異常もその一つです。

味噌汁について

わたしたちのカラダは、たった一個の受精卵からできています。その受精卵を作ってくれたのはお父さんお母さんですよね。お父さんお母さんたちもおじいちゃんおばあちゃんたちから生まれてきています。

お父さんお母さんの作った受精卵は、おとうさんお母さんたちが子供のころから大きくなって結婚するまで食べてきた物から出来ています。

私たちのからだは、その食べてきたもの、材料をほしがっているのです。その材料がからだの中に入ってくると酵素やホルモンが正常に働くように出来ているのです。

お父さんお母さんに子供のころから食べてきたものを聞いてみてください。そうして結婚し赤ちゃんができ、あなたが生まれてきたのです。

以前ナイジェリアの人がうつっぽいと言って相談に来られました。

ナイジェリアではどんな物を食べているの?

とお聞きしたところ「ヤム芋」というものを食べているそうです。ヤム芋というものを私はしらなかったのですが日本にはさつまいもとじゃがいもならあるからといってそれを食べるよう奨めてみました。

すると一ヶ月も経たないうちのやってきて元気になってきたよ・・・と言われました。もちろん漢方薬もお使いになられましたが、やはりからだは、材料をほしがっているのです。

基本的に主食が大切です。日本人の主食はやはりご飯とお味噌汁ですね。それが大切ということです。