Category Archives: 不妊・妊活相談

女性のからだの移り変わり

女性は、7の倍数で大きな節目をむかえていきます。

7歳で歯が生え変わり髪が伸びる

14歳で初潮を迎える

21歳で女性としてからだが成熟期を迎える

28歳で女性としてからだが最も成熟する

35歳女性機能の変化が始まる

42歳でシワや髪に白いものが混じり始める

49歳で肉体的に衰え始め閉経を迎える

中医学では、女性の体の一生は7の倍数で変化し35歳は生殖能力が衰え始める歳とされています。西洋医学でもマルコウ〔〕出産で表され、高齢の始まりの年齢です。実際35歳から自然妊娠の確立は低下し始めます。

 

 

睡眠と不妊症

不妊症におけるホルモンバランスについて、いろいろ試しましたが、効果が出ていない・・・状況が続いている方へ

女性ホルモンの指令は、脳(下垂体)から発信されている性腺刺激ホルモンから始まります。

 元々コレステロールから、LHの働きを受けてアンドロゲンまで変換されそしてFSHの働きでエストロゲンにかわります。

 このLH,FSHの分泌が今ひとつ悪いと月経が遅れたりよい卵胞に育たなかったり、内膜が薄かったりします。

したがって、よい卵子を得るには脳下垂体ホルモンの分泌を良くしないといけないということです。

 今よくするという漢方薬をお飲みいただいていますが、脳からの指令が良くないとダメなんです。おおかたの方は補腎(腎を補う)大丈夫なんですが、もしよく眠れないとか、寝つきが悪い、夜中に何度か目が覚めてしまうなどという現象が起こってしまう人は、成長ホルモンの分泌が悪いです。

 この成長ホルモンというのは、深い眠りに入ると分泌されますが、眠りが浅い人は、今ひとつ出ていないのではないかと研究が進められています。    

睡眠に入ると、はじめに深い眠り(ノンレム睡眠)に入り続いてレム睡眠(夢を見るとき)に入ります。そのあと浅い眠りになります。これがワンクールで2時間から3時間です。これを2,3回繰り返して朝を迎える訳ですが、このレム睡眠のときに昼間ストレスを受けている人に関しては、神経が興奮してノンレム睡眠に入れず、成長ホルモンが出にくい状態になってしまいます。

 

 よって、成長ホルモンがうまく出る状態にするためには、ぐっすり眠ることが不可欠なのです。成長ホルモンが出やすい状態になっていると下垂体ホルモンのFSH,LHなども思ったように正常に分泌され、やがては女性ホルモンのバランスもよくなり妊娠しやすくなると思うのです。

 では、どうしたらぐっすり眠れるようになるのでしょう?

 

いろいろと試した結果、「麝香」という漢方薬が優れた効果を発揮して、眠りを深くしてくれます。

麝香(ジャコウ)」は、ストレスで乱れた睡眠のリズムを正常化し、ぐっすりと眠ることができる作用があるとされ、江戸時代から使われています。

 

深い眠り眠りの質が悪いと思われる方は、ご相談ください。

 

これで妊娠した方多いです。

 

子宝

子宝相談の場合、からだづくりとして大切なことは、赤ちゃんが育てられるお腹になっているかどうかということです。赤ちゃんは10ヶ月と10日お腹の中で暮らすことですから、済み心地の良い環境づくりいわゆる(巣)作りということです。

お腹の中で赤ちゃんは生きています。だから妊娠するということは受精した瞬間にその命が始まるということなのです。したがって妊娠は始まりなのです。

相談を受けていると妊娠がゴールだと考えている方が多いようです。「これからママになるあなたへ」というタイトルで厚生労働省のホームページでもお魚の食べ方や生ものに対する注意などが乗っています。

生まれてくる赤ちゃんが元気に五体満足で生まれてこなければなりません。それには妊娠してからもしっかりと赤ちゃんの食べ物を吟味して運ばなければなりません。

早く妊娠したいということはわかります。でも冷たくて弱いからだのお腹の中に入りたいと思うでしょうか?妊娠してからもなかなか栄養が運ばれて区無ければ思ったように整腸できません。

妊娠できるからだづくりというのは、もし自分が赤ちゃんだとすると、そのお腹に入りたいと思うでしょうか?思うと考えている方は、多分大丈夫でしょう。自信の無い方は是非私の考えるからだづくりのプランを聞いて頂きたいのです。

子宝

妊娠したけど少し小さいねって言われたんです。せっかく妊娠したのにそんなこと言われてショックです。小さいねというのは胎嚢のことです。今までの経験上、胎嚢が小さいといわれるとほとんどが流産の道をたどることになっていました。

しかし、鹿茸(ロクジョウ)を飲んでいただいたら2週間後には正常で心拍も確認することが出来ました。という方が過去に2人いました。そしたらここへきて相次いで「小さいね」と言われたというって2人みえました。

鹿茸をお出ししてみたところ2人とも良い結果が出たのです。

「鹿茸は、すごい力だ。」とあらためて思いました。

子宝

12月に採卵をしたら、8個取れてそのうち4個 胚盤胞になって凍結しているということで、今回は今のところいい感じかな?ということでした。前回に採卵できない状態だったということで相談されましたので、栄養剤と活血剤をお飲みいただいたところ、生理痛が無くなって卵巣が腫れることも無かったということでした。

うまくいくといいですね。